ボディメイキング(塗装編)

←Tech Tips一覧へ戻る


今回は、ボディの塗装の手順を紹介します。
塗装で重要なのは、「脱脂・マスキング・一気に塗らない」この3点に限ります。
あわてず、丁寧な作業を心がけましょう。

1:準備するものです。
  とはいっても、ポリカ用スプレーくらいですね。
2:基本中の基本の脱脂作業です。
  クリーナーを染み込ませたキムワイプで
  塗装面を良くふき取ります。
  台所用中性洗剤で洗い流してもOKです。
3:付属のマスキングシートでウインドウ部分を
  マスキングします。
  更にマスキングテープ等でボディマウントの
  穴やアンテナの穴をボディの外側から塞ぎ、塗料の
  回り込みを防ぎます。
4:対象物から30cm程度離して、ボディの内側から
  スプレーします。
5:写真くらいの感じで、軽く1回目を吹き付け
  10〜15分程度乾燥させます。
6:2回目です。
  少し透ける程度まで色をつけ、再び
  10〜15分乾燥させます。
7:3回目でムラなく均一に色が出るようにします。
8:今回はボディカラーが赤なので、白色を使って
  裏打ちします。こうする事で赤色をより鮮やかに
  発色させることが出来ます。
  オレンジや水色や黄色、ピンク更には蛍光色
  等は、白色で裏打ちしたほうが綺麗に発色します。
9:窓ワクステッカーが付属していないボディは
  窓ワクも塗装で表現した方がカッコいいですね。
  写真のように窓ワクのカットラインを書き込みます。
10:ここで登場するのが「デザインナイフ」です。
   刃先が薄く非常にシャープな切れ味です。
   先端が鋭利なので扱いに注意してください。
11:書き込んだラインに沿ってデザインナイフで
   カットしていきます。
   刃先を寝かせて軽く刃を滑らせるようにします。
   あまり強く刃を当てると、ボディまで刃が達してしまい
   割れてしまうので注意してください。
12:全てカットが終わったら、剥がしていきます。
13:ボディと同じ要領で窓ワクを塗装します。
   写真では黒で塗装しましたが、勿論好みの色で
   塗装してもOKです。
14:塗料が乾燥したらウインドウのマスキングシートを
   ゆっくり剥がしていきます。
15:最後に、表面の保護フィルムを剥がして完成です。

きちんとマスキングして3回くらいに分けて色を出すようにするのがコツです。
あわてずじっくり作業すれば、誰でも簡単にキレイなボディを製作することが出来ます。

今まで「塗装はうまく出来ないし、メンドクサイ…」なんて思ってた方も、これを参考にチャレンジしてみましょう!


←Tech Tips一覧へ戻る